生野南地域の「お花見会」🌸でダンス披露

4月7日 (日曜日)に開催された生野南地域の「お花見会」にて、2名の学生がダンスを披露させていただきました。

ネパールで「お祝いのときによくみんなでダンスする」という曲を、学生が1人ずつ踊りました。会場のみなさんに温かい手拍子をいただき、2人とも堂々とダンスしていました。

また、日本語での自己紹介と歌の紹介も、落ち着いて話せていました。

皆さんの前でのダンスが楽しかったらしく、終わった後に話を聞くと、「またステージでダンスしたい」と話していました。

とても素敵な機会をいただき、ありがとうございました💕。

紙芝居を作り発表しました!

今年度最後の授業で、先生たちの前で発表しました😃。

ミャンマーの昔話「イングリマーラーがいい人になる話」です。これはミャンマーではとても有名な話で、小さい子どもからお年寄りまで知られています。
学生たちは、自分の記憶からストーリーをたどり、日本語の翻訳しました!

とても興味深いストーリーで、先生たちが勉強になりました。

来週から春休みです。楽しく安全に過ごしてくださいね。
また4月から一緒に勉強しましょう💖~

生野区長をはじめ職員の方が来校くださいました

本日、筋原生野区長、小原副区長、教育担当の津村様、竹中様の4名が、来校されました。授業を見学いただき、学生とも交流されました。学生たちは少し緊張していましたが、和やかな雰囲気でした。


ハウディは生野区と連携し、生野区の進める「異和共生」の実現に向けて、これからも様々な活動を展開していきます。

🌸2023年度卒業証書・修了証書授与式🌸

2024年3月8日(金)ハウディ日本語学校 大阪校は生野区民センターにて2023年度卒業証書・修了証書授与式を行いました。

式典では、卒業生126名・修了生15名・在校生58名と、筋原章博生野区区長をはじめに、そして生野区まちづくりセンターの國廣 薫平様、生野南ふれあい協議会の鈴木 たえ子様、各国仲介会社の方々に出席いただきました。

大阪校校長による式辞ののち、来賓の方々からのご祝辞をいただき、卒業生の代表者に卒業証書が授与されました。

続いて、JLPTN1/N2・EJU成績優秀・皆勤賞・JaLSA 全国日本語学校連合会賞代表者が表彰されました。その後、卒業制作が披露され、最優秀賞は、株式会社ハウディ青木美佳代表により、授与されました。

今年度の多々の成果は、学生皆さんの頑張りと、教職員の熱意が実った結果だと思います。

大阪校校長より、修了生・卒業生へ卒業記念品が贈られました。卒業生がデザインしたトートバッグ・印鑑ケース・タンブラーです。

在校生代表と卒業生代表が送辞と答辞を述べました。普段教室で勉強していた日本語を発揮する場所となりました。

教員の福田先生は壇上でピアノを演奏して、在校生が卒業生のために「ベストフレンド」を歌いました。この日のため、一生懸命頑張って練習しました。とても感動的でした。

式の修了後、式典用の花を学生に配りました。学生たちが花を持って先生と写真を撮ったり、友達同士で色々なことを話し、名残惜しく過していました。

ハウデイ日本語学校 大阪校の学生たちが巣立っていきました。これからも大学や専門学校、職場で頑張ってください。

卒業・修了おめでとうございます!日本での活躍を期待しております。いつまでも応援しております。

(1組)
(2組)
(3組)
(4組)
(5組)
(6組)
(7組)
(8組)

今いる在校生、そしてこれから出会う新入生全員がたくさんの成果を収めることができる卒業式を迎えられるように、教職員一同、力を合わせてより一層頑張っていく所存です。

 

「交通安全教室」を開催していただきました

2月21日(水)大阪府生野警察署の方をお招きし、ハウデイ日本語学校大阪校の学生に「交通安全教室」を開催していただきました。

警察の方が、日本の自転車ルールや自然災害対策、犯罪に巻き込まれないための注意点など、たくさんの大切な話をしていただきました。ありがとうございました!!

皆さん、日本のルールを守って、安全な留学生活を送りましょう!!


京都東映太秦映画村へ校外学習に行きました!

今年度の校外学習は、東映太秦映画村に行ってきました。前日からワクワク・ドキドキしている学生もいました。

11時頃、ついに映画村に到着!入り口付近でリストバンドを配布し、象徴的な中央広場の建物「映画文化館」の前で記念写真を撮りました!
(1組)
(2組)
(3組)
(4組)
(5組)
(6組)
(7組)
(8組)
(9組)
(10組)

前日は雨が降るかと心配しましたが、天気も良く、最高のコンディションでした。

その後は、事前に計画していたようにアトラクションなどを楽しみました。


日本のホラー映画が好きな学生がお化け屋敷を見たところ、大興奮!!
「やっと忍者を見ました!」「やっと武士を見ました!」
(日本の江戸時代の建物を見て)「きれい!住んでみたい」と言う学生もいました。


グループ課題をするため、学生達が一生懸命写真をたくさん撮りました。

映画村でデザートと日本食を食べて、クラスメートと楽しそうに喋っている姿も見られました。

ご飯の後、自分用や友達用にお土産の購入をする姿も見られました。忙しい勉強の中、こういったイベントで一息つくことができましたら嬉しいです。

初めて198名の学生を引率して京都まで行きました。最初はハラハラしましたが、無事に終わって本当に良かったです。また次回の校外学習を楽しみにしています。

節分👹

2月3日土曜日は節分です。ハウディ日本語学校大阪校では、金曜日に節分について学びました。

節分は、「みんなが健康で幸せに過ごせますように」という意味をこめて、悪いものを追い出す日です。

ハウデイ日本語学校大阪校でもそれぞれが思い思いに鬼の顔を描き、「鬼は外、福はうち」と言いながら豆をまきました。

初めて節分を経験する学生も多かったですが、とても楽しそうに参加していました。

学生からは、「どうして節分に豆をまくの?」「どうして節分には鬼をやっつけるの」といった質問がたくさんありました。先生たちが丁寧に説明し、日本の文化や伝統を理解する機会になったかと思います。

交流会with生野区まちづくり・生野南会館・大阪大谷大学

生野区まちづくりセンターと生野南会館の方が来校し、3組の学生と交流していただきました。


授業内で「お金と時間、どちらが大切か」「子どもがケータイを使うことは、いいか、よくないか」というテーマについてディベートを行い、チームでまとめた内容を聞いていただきました。各チームの主張を聞いていただいた上で、参加者の方にコメントをいただきました。

生野南会館の鈴木様からは「今をまじめにしっかり生きていくと、必ずいいことがある」とありがたいお言葉をいただき、学生たちも頑張ろうという気持ちになったようです。

1コマという短い時間だったので、学生たちからは「時間が足りない!もっと話したい!!」という声があがりました。

今後もこのような機会をいただけましたら幸いです。

同日に大阪大谷大学の大学生が授業見学され、その後1組の学生と交流していただきました。学生達もいつもより活発に発言していたとのことです。

また、質問タイムでは大学生の方の好きなアニメや音楽について尋ねたり、若者言葉の「フッ軽」を教えてもらったりと、同年代の方と交流し、楽しく話せるとてもいい機会になったと思います。

大学生の方を交えたジェスチャーゲームも、難しいお題をなんとか体で表そうとがんばっていました。

最後には大学生とインスタを交換した学生もいたそうです。

本当にありがとうございました。次回の交流会を楽しみにしています。